瀧准教授の講演予定

比較的問い合わせが多い(?)瀧准教授の講演予定についてお知らせします。

11月7日 プラスチック成形加工学会テキストシリーズ(新宿区)

11月13日 第72回化学工学会講習会(富山市)

11月15日 HASLユーザー会(中野サンプラザ)

11月23日 日韓材料シンポ(釜山)

11月27日 成形加工シンポジア(浜松,学生発表)

12月3日 LPSO2018(熊本)

12月5日 色材セミナー(名古屋)

12月10日から13日 AWPP2018(チェンマイ,タイ)

12月18日 R&Dセミナー(東京)

研究パートナー募集:フロンタルポリマリゼーションの数値シミュレーション(Numerical simulation of frontal polymerization)

瀧研究室では,フロンタルポリマリゼーション(frontal polymerization)の実験と数値シミュレーションについて共同研究してくださる企業を募集しています。

研究室では,既往の文献をもとにしたモデルの構築とシミュレーション及び高速FT-IRやフォトレオメータを使用した物性測定を提供可能です。フロンタルポリマリゼーションが可能な材料や研究資金を提供可能な方はご連絡ください。

瀧健太郎

 

新学術領域「ミルフィーユ構造の材料科学」に瀧准教授が参画

山形大学伊藤先生(A04-2)の研究協力者として

科学研究費補助金 新学術領域 ミルフィーユ構造の材料科学

に参画することになりました.未知の研究分野を開拓して,少しでも高分子科学の発展に貢献していきたいと考えています.瀧研究室では,博士後期課程まで進んで,この研究分野にコミットしたい学生を募集しています.

http://www.mfs-materials.jp/

ESPS 2018にて瀧准教授が招待講演

ESPS2018(ミュールーズ,フランス)にて瀧准教授が招待講演を行いました.

1. Taki, K.; Hayashi, R.; Tsuneishi, A. In Impact of oxygen inhibition on dark polymerization after photopolymerization of multifunctional monomers, ESPS 2018, Mulhouse, France, 2018; Mulhouse, France, 2018.

夏合宿を開催

今年の瀧研究室の夏合宿はのときんぷらで行いました。
恒例となりました中間報告とプログラミングチャレンジとしてLEGO Mindstorm EV3を使用したロボコンをやりました。
 

2報の論文が掲載

1. Taki K, Yamada R. Comparison of the Degree of Shrinkage Under Air and Nitrogen Atmospheres by Laser Displacement Sensor. Journal of Photopolymer Science and Technology. 2018;31(4):497-501.
2. Taki K, Kawaseki T, Isawa T, Mizoguchi A. Lateral Patterning of Porous Polyimide Film by Exposure to High-Pressure CO2 and UV light with Photomask. Journal of Photopolymer Science and Technology. 2018;31(4):473-478.

成形加工学会で学会発表

1. 尾原正俊, 杉山武雅, 谷藤眞一郎, 瀧健太郎. Hele-Shaw流れを仮定した2.5D解析法のφ26mm二軸押出機での検証. In: 一般セッション「押出成形・混錬・CAE」, ed. 第29回プラスチック成形加工学会年次大会. タワーホール船堀2018:G-201, 291-292.
2. 田仲賢, 山本裕司, 瀧健太郎. 355 nmUVパルスレーザーを使用したステレオリソグラフィー用樹脂の硬化過程の測定と解析. In: 一般セッション「アディティブ・マニュファクチュアリング(AM)」, ed. 第29回プラスチック成形加工学会年次大会. タワーホール船堀2018:G-311, pp.315-316.
3. 谷口颯規, 秋元英郎, 後藤昌人, 田中久博, 瀧健太郎. 射出発泡成形における型内発泡現象を模した可視化バッチ発泡実験装置の開発. In: 一般セッション「超臨界流体・発泡技術」, ed. 第29回プラスチック成形加工学会年次大会. タワーホール船堀2018:F-204, pp.263-264.

就職活動

今年の4年生とM2の就職活動が終わりました。みなさん悩みながらも希望の会社に内々定をもらっているようです。昨年は7月末までかかったことを考えると,2か月前倒しは,とても速い印象です。卒論修論まで6か月余りです。頑張りましょう。

ACW2018 Honorable Award受賞

先日行われましたACW2018にて博士前期課程1年生の田仲君がHonorable Awardに輝きました。

瀧研の教育方針として,賞を取るためのいわゆるメソッドの教育はしていません。それは研究や発表の目的が賞を取るためではなく,発表準備をするにあたり,聴衆にわかってもらう努力をいかにするか,自分で考えてゼロベースで努力できるかに重点を置いているためです。

そんな環境下で,瀧研始まって以来,外部での受賞は初めてです。瀧研の歴史に名を刻む受賞です。
おめでとうございます。

ANTEC 2018, ACW 2018にて論文発表

今年度最初の国際会議での論文発表は,学生によるものでした。瀧研究室では,M1の間にできる限り,国際会議での発表機会を設けています。

ANTEC2018にて,

1. Ohara, M.; Sugiyama, T.; Umemoto, S.; Tanifuji, S.-i.; Taki, K., EXPERIMENTAL VALIDATION OF FILL RATIO, RESIN PRESSURE, RESIN TEMPERATURE OBTAINED FROM THE 2.5D HELE-SHAW MODEL IN FLOW OF COROTATING TWIN SCREW EXTRUDER. In ANTEC 2018, Orlando, 2018.

ACW 2018にて,

Tanaka, K.; Yamamoto, H.; Taki, K. In Measurement and analysis of 355 nm UV laser induced photopolymerization of stereolithography resin, Asia Coating Workshop 2018 (ACW 2018), Taipei, May 10, 2018; Taipei, 2018; p 46.

Sawa, K.; Taki, K. In Effect of Hybrid UV-LED on Cured States of UV Curable Resin, Asia Coating Workshop 2018 (ACW 2018), Taipei, May 10, 2018; Taipei, 2018; p 35.