ニュース

卒論修論

2月18日の卒論発表会終了後に、ささやかな研究室の打ち上げをしました。今年はコロナ禍ということであらゆる集合系のイベントが中止になり、当研究室でも離散会を中止にしました。せめて卒論修論の打ち上げだけでもと、みんなで工夫して開催しました。開催時間は1時間、換気の良い部屋で、いつも顔を合わせているメンバーだけの会です。学生の皆さん、卒論修論お疲れ様でした。

2020年度打ち上げ

photo of female engineer working on her workspace
ニュース

令和3年度卒論テーマ

瀧研究室では、以下の4つのテーマについて卒研生を募集します。機械工学の学生に対応した装置開発を中心とした内容を取り入れています。

  1. 紫外線硬化された液状ゴムのFT-IR(フーリエ変換赤外分光法)による延伸挙動の測定装置の開発
  2. 紫外線硬化型3Dプリンタの自作と造形シミュレータの開発
  3. 二軸押出機を使用した環境調和型セルロースマイクロ粒子製造プロセスの開発
  4. ナノリンクルシート連続製造装置の開発

以上のテーマは、修士進学を前提とした3年計画の研究テーマです。瀧研究室では、多様性を大事にしております。女子学生を積極的に受け入れています。今年度の女子学生の比率は50%でした。

詳しいことが聞きたい人は、随時私の部屋(自然科学1号館C棟4階1C416)を訪ねてください。事前にメールをいただけますと助かります。taki@se.kanazawa-u.ac.jp

cute boy using tablet on floor with robots
ニュース

機械工学特別演習Bについて

機械工学特別演習Bについて瀧研究室では以下のように進めさせていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

 瀧研究室では,プラスチック成形加工に関する研究として,主に樹脂系の3Dプリンタの造形シミュレータの開発及び二軸押出機内の樹脂の流動シミュレータの開発と実験による検証などを行っています。瀧研究室では,企業と共同研究をしながら,特定の研究領域にとらわれることなく,エンジニアリングで課題解決しながら,研究論文をまとめていく研究スタイルをとっています。

 本来ならば,機械工学特別演習Bではミニ卒研として研究課題をさせてあげたいところなのですが,実験装置の数や実験スペースに限りがあることから,今年度に卒業を予定している4年生とM2の使用を優先させたいと考えています。誠に申し訳ありません。研究は,4年生で瀧研に来てくれた時に一緒にやりましょう。

 そこで機械工学特別演習Bでは,研究室で使える2台の3Dプリンタを活用しながら,LEGO Mindstorm EV3(https://youtu.be/OSS4XrOKl34)というロボットを使った「海洋プラスチックごみ問題」に関連したプロジェクトを考えています。私が高専出身なのでロボコンみたいになっています^^;。

課 題 プラスチックごみを片付けろ!

内 容 プラスチックごみに見立てたレゴのブロックを所定の場所に片付ける機能を持つロボットを作製し,プログラミングで動かしてください。3Dプリンタでオリジナルパーツを一つ以上加えてください。製作過程や完成したロボットの機能,動く様子を撮影して,プロモーションビデオも作成してください。

提出物 動くロボットとそのプロモーションビデオ(1 minくらいの動画)

提出〆切 2月2日17時

実施形態 4人1チームか,2人2チームで

例 4人1チーム分担例

1.撮影・プロモーションビデオの作成担当

2.ロボット製作と動作テスト担当

3.3Dプリンタ担当

4.プログラミング担当

利用可能な瀧研究室の設備

 ・ロボット LEGO® Mindstorm EV 3 6台(全員で同時並行に開発できます)

 ・撮影用カメラ DJI POKET 2とSONY VlogCam 各1台

 ・3Dプリンタ FDMとSLA 各1台

ロボットを動かしたり,3Dプリンタを使ったりするためには,パソコンが必要です。各自講義で使っているパソコンを持参してください。

*初めての試みなので,うまく行かないかもしれませんが,せっかく瀧研に来てくれたので,ぜひ,楽しんでいってください。

ニュース

大学院生の2次募集をしています。

金沢大学自然科学研究科自然システム学専攻 化学工学コースは,現在博士前期課程(修士)の2次募集をしております。ご興味のある方は下記URLより,内容を確認してください。

●令和3年度 自然科学研究科博士前期課程(第2次募集)
 https://www.nst.kanazawa-u.ac.jp/admission/index.html

 出願資格審査申請期間 令和2年10月26日(月)~10月30日(金)
 出願受付期間     令和2年11月16日(月)~11月20日(金)
  (土日を除く)

併せて,博士後期課程も募集しています。瀧研でドクターを取りませんか?

●令和3年度 自然科学研究科博士後期課程(第2次募集)
 https://www.nst.kanazawa-u.ac.jp/admission/doc.html

 出願資格審査申請期間 令和2年11月17日(火)~11月24日(火)
 出願受付期間     令和2年12月 4日(金)~12月10日(木)
  (土日を除く)

ニュース

流体力学特論AとBおよび環境安全工学Aを履修する学生へ

流体力学特論AとBおよび環境安全工学Aを履修する学生へ

担当の瀧です。この講義は,YouTubeの動画を使用して,オンデマンド方式で行います。そのためGoogle classroomというサイトに登録をしていただく必要があります。履修登録をする方は,taki.kentaro@gmail.comまで,gmailのメールアドレスを送ってください。@stu.kanazawa-u.ac.jpのメールアドレスは,登録ができません。また,アカンサスの履修登録は別途忘れずに行ってください。

ご不便をおかけしますが,よろしくお願いします。

ニュース

瀧研究室一時閉鎖について

令和2年4月9日

瀧研究室の一時閉鎖について

最近の新型コロナウイルスの拡大と政府の緊急事態宣言を鑑みて,研究室を下記の通り一時的に閉鎖することにしました。日々研究に取り組んでくれている学生諸君には大変申し訳ないのですが,今は自宅にこもり,この難局を乗り切ることが先決との考えに基づいています。

研究室閉鎖中も研究室及び実験室への入室を妨げることはしませんが,できるだけ外出を自粛して,3密を避けて,日々の体調管理に心がけてください。4月20日から講義が始まりますが,基本的には自宅で講義を受けてください。

また,報告会を下記のように中止しますので,今後1か月間の研究の進捗はなくても構いません。

 

閉鎖期間 令和2年4月10日~令和2年5月10日

 

報告会の日程変更

4月17日 中止

4月24日 中止

5月1日 中止

5月8日 中止

 

研究室代表 瀧健太郎

以上

 

ニュース

面談中止について

COVID-19が首都圏で拡大しており,不要不急の外出を自粛するように求められています。瀧研究室では,当分の間,大学外部の方との面談を中止いたします。また,出張についても自粛しておりますので,講演依頼についてもお引き受けできない場合がございます。

何卒宜しくお願い致します。

ニュース

4年生の卒論テーマ

4年生の卒論テーマとして学生を募集する内容に変更が生じました。令和2年度は、下記の2テーマを設定することにします。

  • UV硬化基礎 

瀧研で培われたゲル化過程について実験と理論を勉強していきます。ネイルアートや3DプリンタなどでおなじみのUV硬化樹脂がなぜ固まるのかについて、実験データを取り、理論と比較しながら考えていきます。

  • 3Dプリンタの実験とシミュレーション 

レーザーを使った実験装置を製作します。また、実験結果を再現する3Dプリンタのシミュレータを開発していきます。プログラミングや装置開発のノウハウ、有限要素法の基礎など、いろいろなスキルが身につきます。

どちらのテーマも修士課程に進学することを前提に設定されています。

予定しておりました二軸押出に関する研究テーマは諸事情により本年度は募集しないことになりました。もし、どうしても二軸押出機に関する研究をしたい方がいましたら、ご相談ください。サブテーマなどで対応できると思います。