ニュース

4年生の卒論テーマ

4年生の卒論テーマとして学生を募集する内容に変更が生じました。令和2年度は、下記の2テーマを設定することにします。

  • UV硬化基礎 

瀧研で培われたゲル化過程について実験と理論を勉強していきます。ネイルアートや3DプリンタなどでおなじみのUV硬化樹脂がなぜ固まるのかについて、実験データを取り、理論と比較しながら考えていきます。

  • 3Dプリンタの実験とシミュレーション 

レーザーを使った実験装置を製作します。また、実験結果を再現する3Dプリンタのシミュレータを開発していきます。プログラミングや装置開発のノウハウ、有限要素法の基礎など、いろいろなスキルが身につきます。

どちらのテーマも修士課程に進学することを前提に設定されています。

予定しておりました二軸押出に関する研究テーマは諸事情により本年度は募集しないことになりました。もし、どうしても二軸押出機に関する研究をしたい方がいましたら、ご相談ください。サブテーマなどで対応できると思います。

 

ニュース

2020年の学会発表予定

瀧研究室では、化学工学、成形加工、高分子、レオロジーに関する学会に参加しています。2020年は下記の予定です。

3月 化学工学 関大
5月 ACW 能登
5月 PGN アメリカ
5月 フォトポリ 千葉
5月 高分子年次大会 福岡
5月 PPS モントリオール
6月 THERMEC ウィーン
6月 成形加工 東京
7月 IUPAC Macro チェジュ
9月 高分子討論会 岩手
9月 化学工学秋季大会 岩手
9月 ECPS トルコ
10月 SPE foams 2020 アメリカ
10月 MFS会議
10月 レオロジー討論会 岩手
10月 AWPP2020 マレーシア
11月 formnext フランクフルト
11月 日韓シンポ
11月 シンポジア 富山
12月 日化 ハワイ

ニュース

2019年夏合宿

8月2,3日に今年も夏合宿をのときんぷらで行いました。安く泊まれておいしいお料理とセミナールームの利用料タダは,金沢から2時間かけていく価値があります。瀧研恒例のロボコンも実施して,プログラミングの基礎を学びました。

ニュース

セミナーの開催

R&D支援という会社の企画で,UV硬化に関するセミナーを下記のとおり行います。UV硬化樹脂の硬化過程,ハイブリッドUVLED,フォトレオメータを使用した測定に興味のある方など,皆様ご参加いただけましたら幸いです。

なお,ご一報(taki@se.kanazawa-u.ac.jp)いただけましたら講師割引のご紹介もさせていただきます。今回は初の大阪開催です。

UV硬化型樹脂の基礎と硬化過程の測定法及び評価・解析手法【大阪開催】
セミナー概要

略称 UV硬化型樹脂【大阪開催】
セミナーNo.  191009

開催日時  2019年10月08日(火)10:30~16:30
主催  (株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 

E-mail:info@rdsc.co.jp
開催場所  ドーンセンター 4F 大会議室3

習得できる知識

UV硬化樹脂の硬化過程の測定原理,
架橋ネットワーク構造の推定,
3DプリンターCLIPの造形シミュレーション
ハイブリッドUVLED

趣旨

UV硬化樹脂の硬化プロセスでは、硬化不良が出れば、照射強度を強くしたり、照射時間を長くしたりすることで、硬化が促進され,ほとんどの不良は解決されるのですが、わずか数秒間の硬化時間の中にはさまざまな理解すべきサイエンスとエンジニアリングの要素があります。過去2回にわたり同様な講義を行いましたが,今回は我々の最新の研究成果を取り入れて,講演内容を大幅にリニューアルしました。主なリニューアル事項は以下の通りです。
 ・光硬化に関する光化学の基礎を解説
 ・FT-IRの実験データシリコンウェハを使用した方法に
 ・3Dプリンターの解説がCLIPに
 ・フォトレオメータによるゲル化点の測定が詳細な実験データに基づく内容に
 ・高圧水銀ランプの代替として当研究室で提案されたハイブリッドUVLEDに

ニュース

4年生の卒論テーマ

新学術の研究費が採択されたため,4年生の募集テーマは以下のように変更いたします。宜しくお願い致します。なお,1~3のテーマは,大学院に進学することを希望している学生を優先します。

  1. 二軸押出機に関するテーマ
  2. 新学術のブロック共重合体に関するテーマ
  3. 新学術のナノリンクルに関するテーマ
  4. UV硬化過程の解析