11月2014

ヘレウスセミナーにて講演を行いました。

1. Kentaro, Taki, Fundamental analysis of UV curing process and its application: 3D printer, R2R nanoimprint, Noblelight Fusion Seminar 2014, Tokyo, Osaka, Heraeus K.K Noblelight Fusion Division, Nov 11, Nov 13 (2014).

成形加工シンポジア’14 新潟で発表を行いました。

1. 池田京平, 高山哲生, 瀧健太郎, 伊藤浩志, 西野広平, 進藤有, 反応性添加剤を用いた㻼㻯㻛㻭㻮㻿ブレンドの相構造制御と物性評価, 成形加工シンポジア’14 新潟, 朱鷺メッセ, P-079, 451-452, Nov 14 (2014).
2. 志賀野明, 高山哲生, 瀧健太郎, 伊藤浩志, 吉沢行雄, 高せん断加工によるポリプロピレンナノコンポジットの作製と物性評価, 成形加工シンポジア’14 新潟, 朱鷺メッセ, P-080, 453-454, Nov 14 (2014).
3. 田口剛大, 高山哲生, 瀧健太郎, 伊藤浩志, 光源(UVLEDと高圧水銀ランプ)の種類がUV硬化樹脂の反応速度定数に与える影響, 成形加工シンポジア’14 新潟, 朱鷺メッセ, E-208, 257-258, Nov 15, 11:30-11:50 (2014).
4. 江川知史, 高山哲生, 瀧健太郎, 伊藤浩志, 溶融押出ロールインプリントにおけるフィルムへのマイクロ・ナノ表面転写とその構造評価, 成形加工シンポジア’14 新潟, 朱鷺メッセ, A-201, 25-26, Nov 15, 9:00-9:20 (2014).
5. 鈴木将平, 高山哲生, 瀧健太郎, 伊藤浩志, 京谷隆, アルミニウム陽極酸化膜を利用した高分子ナノ繊維の作製とその構造評価, 成形加工シンポジア’14 新潟, 朱鷺メッセ, E-207, 255-256, Nov 15, 11:10-11:30 (2014).

石炭からのコークス製造過程のシミュレーションに関する論文が掲載されました。

Taki, Kentaro, Hideyuki Hayashizaki, Kiyoshi Fukada, A Simplified Bubble Nucleation, Growth and Coalescence Model
for Coke Production Process, ISIJ International, 54(11), 2493-2502 (2014).

A Simplified Bubble Nucleation, Growth and Coalescence Model for Coke Production Process

コークス製造プロセスにおける気泡生成、成長、合一の単純化されたモデル

Kentaro TAKI,1)* Hideyuki HAYASHIZAKI2) and Kiyoshi FUKADA3)
1) Graduate School of Science and Engineering, Yamagata University, 4-3-16, Jonan, Yonezawa, Yamagata, 992-8510 Japan.
2) Process Research Laboratories, Nippon Steel & Sumitomo Metal Corp., 20-1, Shintomi, Futtsu, Chiba, 293-8511 Japan.
3) Steel Research Lab, JFE Steel Corporation, 1 Kokan-cho, Fukuyama, Hiroshima, 721-8510 Japan.
(Received on April 8, 2014; accepted on August 11, 2014)

Coke production process, which involves gas generation, cross-linking, gas foaming as well as solidification phenomena, is extremely complex and is difficult to model them without simplification. In this study, a simple phenomenological model was developed based on a gas foaming simulation model of polymer foaming, which enabled us to simulate the number density of bubbles and their distributed size. The model was extended to account their kinetics of bubble nucleation, growth and coalescence in nonisothermal chemical reactions of gas generation and cross-linking. The bubbles size and morphology obtained from the numerical simulation of two different coals agreed with the pictures of the experiment qualitatively. Five different coals were investigated to understand the relationship between the kinetic and final morphology of coke.

KEY WORDS: numerical simulation; interconnect pores; bubble growth.

AWPP (Asian Workshop of Polymer Processing) 2015 にて3件の発表

瀧准教授は、先日行われたAWPP2015にて以下の発表を行いました。

1. Takai, Y., Takayama Tetsuo, Taki Kentaro, Ito Hiroshi, A. Takai, S. Sonobe, Effects of material properties on the surface Replication of Polypropylene by precise injection molding, Asian Workshop of Polymer Processing (AWPP) 2014, Kenting, Taiwan, 1116, Nov 17-20 (2014).
2. Ohnami, Kenji, Takayama Tetsuo, Taki Kentaro, Ito Hiroshi, Daiki Funaoka, Kenji Shiga, Precise Injection Molding of Tpes-evaluation of Surface Replication and Metal Adhesion, Asian Workshop of Polymer Processing (AWPP) 2014, Kenting, Taiwan, 1081, Nov 17-20 (2014).
3. Kentaro, Taki, Naoko Shoji, Takayama Tetsuo, Ito Hiroshi, Masatoshi Kobayashi, Measurements of Heat Flows of Anionic Ring-Opening Polymerization and Crystallization of Esilon-Caprolactam at a Bulk Polymerization, Asian Workshop of Polymer Processing (AWPP) 2014, Kenting, Taiwan, 1078, Nov 17-20 (2014).

今後の抱負

北陸地方には北陸先端大学、福井大学、金沢工業大学、金沢大学などに高分子の物性・成形分野において世界的に著名な先生が多数いらっしゃいます。私はこれらの大学に在籍されている先生方と国内外の企業経営者・技術者と有機的に連携し、グローバルな視点で広く日本の産業(自動車、アプライアンス(家電)、エレクトロニクス、コスメティクス、エネルギー、バイオメディカル、伝統産業)に展開・波及可能なプラスチックなどの新しい成形技術の世界的な研究拠点をこの金沢大学に構築したいと思います。また、日本の鉄鋼業界に貢献し続けられるようにコークス製造技術に関する研究も続けていきます。

瀧研究室は金沢大学に移動しました。

金沢大学理工研究域自然システム学系准教授(テニュア・トラック教員)となります。

化学工学系の教員に戻りました。教授も助手もいない独立研究室です。

連絡先は
石川県金沢市角間 金沢大学理工研究域 自然科学1号館 1C416
メール taki@se.kanazawa-u.ac.jp
電話/FAX 076-264-6257