4月2016

英語講義:移動現象論基礎をスタート

今年はスーパーグローバル絡みで、移動現象論基礎を英語化率100%でやっています。
教科書はIntroductory Transport Phenomena, B Bird et al,2014
です。この教科書は,本家のTPBよりも説明が少し詳しくて、なかなかいいです。
板書、喋り、教科書、テストなど全て英語です。
英語で技術的な情報を入手できるたくましい学生に育ってほしいものです。
学生は今のところやる気があります。

研究室新メンバーが配属されました。

瀧研究室に2期生が4名が配属されました。今年は,企業からの研究員の方も1名来られました。小職を合わせて,総勢10名となります。

今年はUV硬化,UV改質などのUV関連のテーマを多く設定しています。

 

国際会議で瀧准教授が発表しました。

ICOMM2016という精密加工に関する国際会議で,瀧准教授が研究発表を行いました。

1. Taki, K. and H. Ito, Numerical Study about Uneven Shrinkage Distribution Caused by Oxygen Inhibtion in 3D UV Printing Process, in ICOMM20162016, UC Irvine: Hilton Orange County/ Airport Conference Center. p. #69, 14:00-15:40.

2. Taki, K., S. Kondo, and H. Ito, Demolding behavior of R2R UV Nanoimprint Process, in ICOMM20162016, UC Irvine: Hilton Orange County/ Airport Conference Center. p. #28, 10:50-12:50.