6月2016

瀧准教授が招待講演

瀧准教授が,高分子学会の16-1 印刷・情報記録・表示研究会 および16-1 光反応・電子用材料研究会 合同研究会にて以下の招待講演を行いました。

6月27日<13:55-14:50> 2) ロールツーロールUVナノインプリントプロセスにおけるプロセス条件が樹脂の反応率、弾性率及び離型性に与える影響
(金沢大理工)瀧 健太郎

 

学会発表

瀧准教授がフォトポリマーコンファレンスで以下の発表を行いました。

1. Kentaro Taki, Takehiro Taguchi, Ryota Hayashi, Hiroshi Ito, Photopolymerization Kinetics of Different Chain Size of Bi-functional Acrylic Monomers using Real Time FT-IR, The 33rd InternationalConference of Photopolymer Science and Technology Materials&Processes for Advanced Microlithography, Nanotechnology and Phototechnology, Makuhari Messe, Chiba, A-15, June 22 (2016).
2. Kentaro Taki, Development of a High-Intensity UV Exposure Apparatus under a High-Pressure CO2 Gas Atmosphere to Manufacture Large-Area Porous Ultralow-k Polyimide Substrates for Flexible Print Circuits, The 33rd InternationalConference of Photopolymer Science and Technology Materials&Processes for Advanced Microlithography, Nanotechnology and Phototechnology, Makuhari Messe, Chiba, A-65, June 23 (2016).

論文

以下の論文が掲載されました。

1. Kentaro Taki, Takehiro Taguchi, Ryota Hayashi, Hiroshi Ito, Photopolymerization kinetics of different chain sizes of bi-functional acrylic monomers using real time FT-IR, Journal of Photopolymer Science and Technology, 29(1), 133-137 (2016).
2. Kentaro Taki, Akira Mizoguchi, Hiroshi Ito, Cover-layring a Porous Polyimide Flexible Print Circuit with a Porous Polyimide Layer, Journal of Photopolymer Science and Technology, 29(3), 459-464 (2016).

学会発表

プラスチック成形加工学会第27回年次大会及びACWにて合計4件の発表を行いました。

1. 瀧健太郎, 溝口晃, 山内雅晃, 炭酸ガスを用いた多孔ポリイミド絶縁層の作製:製造条件が多孔構造と物性に及ぼす影響, 第27回プラスチック成形加工学会, タワーホール船堀, 22-22, June 14 (2016).
2. 杉山武雅, 谷藤眞一郎, 村田隼一, 辻村勇夫, 瀧健太郎, 二軸押出機の充満率測定と理論検証:スクリュ回転数とフィード量の影響, プラスチック成形加工学会第27回年次大会, タワーホール船堀, 37-38, June 15 (2016).
3. 新沼寛司, 瀧健太郎, 高圧露光装置とUV硬化性樹脂によるポリカーボネート樹脂表面への反射防止膜の形成, プラスチック成形加工学会第27回年次大会, タワーホール船堀, 19-20, June 15 (2016).

4. Ryota Hayashi, Kentaro Taki, Kinetic analysis for photo-induced polymerization of multifunctional monomer and reactive polymer, ACW 2016, Sungkyunkwan University, Republic of Korea, 13, May 12 (2016).