業績

瀧准教授がセミナーを行いました。

瀧健太郎. UV硬化型樹脂の基礎と硬化過程の測定法及び評価・解析手法, R&D支援セミナー, R&D支援セミナー: カメリアプラザ, 2018,

瀧准教授がAWPP2018で招待講演を行いました。

瀧准教授が12月10日から13日にかけて行われたAWPP2018 in Chiang Mai, Thailandにて招待講演を行いました。
1.Taki, K. Twin screw extruder: New simulation model and experiments for the next generation polymer processing. In AWPP2018, Chiang Mai, 2018,

LPSO2018で瀧准教授がポスター発表

1.Taki, K., Nanowrinkle as a candidate of kink?, LPSO2018, Kumamoto, Dec 03, 2018; Kumamoto, p 66.

成形加工シンポジア’18にて学生が2件の論文発表

1.梅本翔; 小幡祐也; 尾原正俊; 谷藤眞一郎; 瀧健太郎, 二軸押出機内における脱揮挙動の実験的評価とHele-Shawシミュレーションに基づく予測, 成形加工シンポジア’18, 一般セッション「押出・混錬」, 浜松, 2018; C-210,P-97.

2.小幡祐也; 尾原正俊; 梅本翔; 谷藤眞一郎; 瀧健太郎, 二軸押出機内における繊維破断挙動の実験的評価とHele-Shawシミュレーションに基づく予測, 成形加工シンポジア’18, 一般セッション「押出・混錬」, 浜松, 2018; C-209, P-52.

日韓材料界面シンポで論文発表

11月21から23日にかけて韓国の釜山で行われました,第13回日韓材料界面シンポで瀧准教授が招待講演を学生が論文発表を行いました。

1.Umemoto, S.; Obata, Y.; Ohara, M.; Tanifuji, S.-i.; Taki, K. In Experimental evaluation of devolatilization behavior in twin screw extruder and prediction based on Hele–Shaw simulation, 13TH KOREA-JAPAN SYMPOSIUM ON MATERIALS AND INTERFACES,, Busan, Korea, Nov 22, 2018; Busan, Korea, 2018.

2.Taki, K., Numerical Simulation and Experimental Validation of Flow in Twin Screw Extruder. In 13TH KOREA-JAPAN SYMPOSIUM ON MATERIALS AND INTERFACES, Korean Society of Chemical Engineering: Busan, Korea, 2018.

2報の論文が掲載

1. Taki K, Yamada R. Comparison of the Degree of Shrinkage Under Air and Nitrogen Atmospheres by Laser Displacement Sensor. Journal of Photopolymer Science and Technology. 2018;31(4):497-501.
2. Taki K, Kawaseki T, Isawa T, Mizoguchi A. Lateral Patterning of Porous Polyimide Film by Exposure to High-Pressure CO2 and UV light with Photomask. Journal of Photopolymer Science and Technology. 2018;31(4):473-478.

成形加工学会で学会発表

1. 尾原正俊, 杉山武雅, 谷藤眞一郎, 瀧健太郎. Hele-Shaw流れを仮定した2.5D解析法のφ26mm二軸押出機での検証. In: 一般セッション「押出成形・混錬・CAE」, ed. 第29回プラスチック成形加工学会年次大会. タワーホール船堀2018:G-201, 291-292.
2. 田仲賢, 山本裕司, 瀧健太郎. 355 nmUVパルスレーザーを使用したステレオリソグラフィー用樹脂の硬化過程の測定と解析. In: 一般セッション「アディティブ・マニュファクチュアリング(AM)」, ed. 第29回プラスチック成形加工学会年次大会. タワーホール船堀2018:G-311, pp.315-316.
3. 谷口颯規, 秋元英郎, 後藤昌人, 田中久博, 瀧健太郎. 射出発泡成形における型内発泡現象を模した可視化バッチ発泡実験装置の開発. In: 一般セッション「超臨界流体・発泡技術」, ed. 第29回プラスチック成形加工学会年次大会. タワーホール船堀2018:F-204, pp.263-264.

ANTEC 2018, ACW 2018にて論文発表

今年度最初の国際会議での論文発表は,学生によるものでした。瀧研究室では,M1の間にできる限り,国際会議での発表機会を設けています。

ANTEC2018にて,

1. Ohara, M.; Sugiyama, T.; Umemoto, S.; Tanifuji, S.-i.; Taki, K., EXPERIMENTAL VALIDATION OF FILL RATIO, RESIN PRESSURE, RESIN TEMPERATURE OBTAINED FROM THE 2.5D HELE-SHAW MODEL IN FLOW OF COROTATING TWIN SCREW EXTRUDER. In ANTEC 2018, Orlando, 2018.

ACW 2018にて,

Tanaka, K.; Yamamoto, H.; Taki, K. In Measurement and analysis of 355 nm UV laser induced photopolymerization of stereolithography resin, Asia Coating Workshop 2018 (ACW 2018), Taipei, May 10, 2018; Taipei, 2018; p 46.

Sawa, K.; Taki, K. In Effect of Hybrid UV-LED on Cured States of UV Curable Resin, Asia Coating Workshop 2018 (ACW 2018), Taipei, May 10, 2018; Taipei, 2018; p 35.

第175回日本鉄鋼協会春季講演大会にて発表を行いました。

1. 瀧健太郎, 林崎秀幸, 松井貴, 気泡核生成・成長・合一モデルによる石炭の軟化溶融膨張過程における昇温速度と膨張率の関係の解析,  第175回日本鉄鋼協会春季講演大会, 新規なコークス製造プロセスを目指した要素技術の研究・開発(新規コークス製造プロセス要素技術研究会最終報告会), 千葉工業大学新習志野キャンパス. p. D8.

瀧准教授が2件の招待講演を行いました。

1. 瀧健太郎, UV硬化型3DプリンターCLIPの造形シミュレーション技術とデジタルストック社会, in 新加工技術専門委員会. 2018, 新加工技術専門委員会: 東京大学生産技術研究所.
2. 瀧健太郎, 二軸押出機における樹脂充満率測定とHele-Shaw流れを仮定した2.5D解析による予測, in 押出成形専門委員会. 2017, 押出成形専門委員会: 福井大学.