ニュース

平成30年度離散会

3月2-3日には平成30年度の離散会を行いました。沢山のOBの方にも来てもらえ,盛大な離散会となりました。これから社会人としていろいろと大変だと思いますが,頑張って,乗り越えていってください。何か大変なことがあったら,いつでも相談に乗りますよ。

To Students に4年生の研究テーマを追加しました。

4番目の研究テーマをフロンタルポリマリゼーションから3Dプリンターに変えました。To Studentのリンクをご覧ください。

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いします。

今年は,小職のテニュアトラックの最終審査があるなど,慌ただしい年になりそうですが,学生への教育研究に今まで以上に力を入れていきたいと思います。

2018年度研究室忘年会

2018年の忘年会を片町のチョンキンマンションで行いました。昨年に引き続き,2度目の利用ということで,今年は,2辛で抑えて,食事を楽しみました。忘年会の最後には,サプライズのお誕生日会もありました。おめでとうございます。

 

瀧准教授がセミナーを行いました。

瀧健太郎. UV硬化型樹脂の基礎と硬化過程の測定法及び評価・解析手法, R&D支援セミナー, R&D支援セミナー: カメリアプラザ, 2018,

瀧准教授がAWPP2018で招待講演を行いました。

瀧准教授が12月10日から13日にかけて行われたAWPP2018 in Chiang Mai, Thailandにて招待講演を行いました。
1.Taki, K. Twin screw extruder: New simulation model and experiments for the next generation polymer processing. In AWPP2018, Chiang Mai, 2018,

LPSO2018で瀧准教授がポスター発表

1.Taki, K., Nanowrinkle as a candidate of kink?, LPSO2018, Kumamoto, Dec 03, 2018; Kumamoto, p 66.

2019年度の4年生の研究テーマを掲載しました。

2019年度に瀧研究室の4年生が行う研究テーマについて,簡単な解説も含めて掲載しました。
こちらのTo Studentのリンクをご覧ください。

成形加工シンポジア’18にて学生が2件の論文発表

1.梅本翔; 小幡祐也; 尾原正俊; 谷藤眞一郎; 瀧健太郎, 二軸押出機内における脱揮挙動の実験的評価とHele-Shawシミュレーションに基づく予測, 成形加工シンポジア’18, 一般セッション「押出・混錬」, 浜松, 2018; C-210,P-97.

2.小幡祐也; 尾原正俊; 梅本翔; 谷藤眞一郎; 瀧健太郎, 二軸押出機内における繊維破断挙動の実験的評価とHele-Shawシミュレーションに基づく予測, 成形加工シンポジア’18, 一般セッション「押出・混錬」, 浜松, 2018; C-209, P-52.

瀧准教授の講演予定

比較的問い合わせが多い(?)瀧准教授の講演予定についてお知らせします。

11月7日 プラスチック成形加工学会テキストシリーズ(新宿区)

11月13日 第72回化学工学会講習会(富山市)

11月15日 HASLユーザー会(中野サンプラザ)

11月23日 日韓材料シンポ(釜山)

11月27日 成形加工シンポジア(浜松,学生発表)

12月3日 LPSO2018(熊本)

12月5日 色材セミナー(名古屋)

12月10日から13日 AWPP2018(チェンマイ,タイ)

12月18日 R&Dセミナー(東京)