Industry

金沢大学の共同研究費に関わる規定の改定について

2019年4月から開始される共同研究については,間接経費の比率がこれまでの5%から20%に増加することが決まりました。この他にも教員のアワーレートが加算されるなど,直接経費として研究に使えるお金が少なくなります。詳しくは,下記のリンクをご覧ください。

共同研究における管理運営費(間接経費)の改訂について

今後,瀧研究室と共同研究をしていただく際は,従来通りの直接経費確保のために応分の費用追加をお願いすることになると思います。

何卒宜しくお願い致します。

瀧研究室代表 瀧健太郎

面会日について

瀧研究室では,企業の方と積極的に情報交換をさせていただくことで,研究室の長期的な研究の方向性を決めています。平均して1月に4,5組の企業の方に研究室に来ていただいて1,2時間ほどディスカッションをさせていただいています。昨年度(H27)までは曜日を問わず,ご希望の曜日に面会日を入れさせていただきましたが,今年以降は,当面の間,面会日の曜日を原則として,火曜日に設定させていただきます。

これは,瀧がテニュア・トラック教員という立場にあり,今年は最終審査があり,論文を量産する必要があるためです。論文を量産するためには膨大な連続した時間を机の前で過ごさねばなりません。ご不便をおかけしますが,何卒宜しくお願いします。

瀧研究室代表 瀧健太郎

技術相談可能な内容

  • 紫外線硬化樹脂の硬化トラブル
  • プラスチック発泡成形のメカニズム
  • low-kフィルム
  • プラスチック成形加工全般

また,瀧研究室では、積極的に産学連携や共同研究を推進ています。

産業界で実際に役に立つ研究を大切にしています。

また、企業の方と共同でJSTのA-STEP、中小企業庁のサポイン、NEDOグラントへの共同申請も様々な分野で対応しています。

これまでの実績

NEDO若手グラント

平成23年1月~12月 JST S-STEP顕在化