1. 博士は書き仕事

博士の仕事はどんなものかこれから不定期に掲載していきます。

1回目のテーマは、「博士は書き仕事」です。

博士(工学)の仕事といえば、いろいろとな実験装置やビーカーやフラスコに囲まれて実験することが仕事と思うかもしれません。しかし、実際のところ、博士の仕事時間のほとんどは文章を書くことに費やされる場合が多いです。

  1. 実験をするための研究費を獲得するための申請書を「書く」
  2. 実験中に起こったことを実験ノートに「書く」
  3. 研究結果をまとめて発表するために講演要旨を「書く」
  4. 学術論文を「書く」
  5. 獲得した研究費の報告書を「書く」
  6. (1.に戻る)
  7. メールを「書く」、ホームページを「書く」

こんな風に研究に関わることだけでもたくさん書くことがあります。書くためには文献を読まなくてはならないし、なにより自分の頭で考えなくてはいけません。この自分の頭で考えるというところが博士の仕事です。書いているときは頭を使います。書くことでアイディアやデータを整理して、人に伝えることができます。これを仕事にしているのが博士です。

どうでしょう、博士になりたくなりましたか?