金沢大学新技術説明会で講演(瀧准教授)

金沢大学の新技術説明会が平成27年8月18日にJST K’s5番館で開催されました.

瀧准教授が,
「多孔質ポリイミドフィルムの 迅速作製プロセスの開発」
について説明を行いました.

その後の名刺交換会では,11名の方と名刺を交換させていただき,個別相談会では5社の方とこの技術の将来性について議論させていただきました.

思えば,この技術を発明し,今回のような新技術説明会(京都大学主催)に登壇させていただいたのがちょうど3年前の2012年8月24日です.その時の説明の際は,大型の露光装置を開発し,大面積の低誘電率膜を作成し,高周波線路を書いて,信号の減衰量を測定すると意気込んでいました.

3年がたち,様々な方のご協力を賜ることで,なんとかそれらの目標を達成することができました.関係各位には,この場を借りてお礼申し上げます.

多孔ポリイミドの研究は,これまでのエレクトロニクスにおける技術開発に加えて,連続生産の製造技術の開発と新しい用途へも展開していきたいと思います.

今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします.

金沢大学 瀧