瀧准教授が4月17日に技術情報協会にて講演します。

高分子ナノ多孔材料の作製技術、孔径制御とその評価

日時 4月17日 12:45-14:15

場所 [東京・王子]  北とぴあ 8F 802会議室

主催 技術情報協会 パンフレット(lecture20140417

2.紫外線硬化樹脂・フィルムの多孔化手法

山形大学 大学院理工学研究科 高分子精密加工研究室 

博士(工学) 准教授 瀧 健太郎 氏
1.多孔フィルムのアプリケーション
2.多孔化法の分類
3.相分離を利用した多孔化法
3-1 発泡法
1) 発泡の原理
2) ポリマーブレンドの多孔化
3-2 ブロック共重合体の発泡による多孔化
1) 無機核剤を利用した多孔化
2) 高分子結晶を利用した多孔化
3-3 乾燥法
1) ポリマーブレンド溶液の乾燥
2) 溶媒の種類と多孔構造の関係
3) スピンキャスト法による多孔化
3-4 凍結法
1) 一方向凍結によるポリマー溶液の多孔化
2) 一方向凍結によるUV硬化モノマーの多孔化
3) 一方向凍結によるUV硬化モノマーの多孔フィルム
3-5 UV硬化法
1) UV硬化モノマーの炭酸ガス発泡
2) ポリイミド前駆体とUV硬化モノマーによる耐熱性多孔ポリイミド膜の作製
【質疑応答】

横浜と同じやつです^^;