ニュース

2022年度化学機械プロセス工学研究室への配属について

 2022年度の化学機械プロセス工学研究室への配属を希望する学生へ

 2022年3月にて当研究室所属の田村和弘教授が定年退職されます。これに伴い,当研究室は瀧健太郎教授と多田薫助教の二人体制となります。研究テーマおよび学生への指導体制は瀧教授の下に統一され,多田助教と協力して一つの研究室として学生への教育と研究を行うことになります。

 化学機械プロセス工学研究室は,マテリアルプロセスイノベーション(材料とプロセスの技術革新)を目指しており,化学のわかる機械系エンジニアを育成する研究を実施しています。詳細は後日説明しますが,来年度の研究テーマとしては以下の内容を検討中です。今後配属可能人数や予算の都合により変更になることがあります。

4年生

  1. 複合材料の資源循環を目指した金属樹脂材料界面の新規剥離法の開発(CREST)
  2. 複合材料の資源循環を目指したガラス樹脂材料界面の新規剥離法の開発(CREST)
  3. 二軸押出機のセンシングシステムの開発(企業共同研究)
  4. 紫外線硬化型プリンタの液滴形状の解析(一部企業共同研究)
  5. セルロース繊維の溶解現象の観察とモデル化(A-STEP,企業共同研究)

M1

  1. 高分子の分子構造と物理発泡特性に関する研究(企業共同研究)

今後とも我々の研究室を宜しくお願い致します。

化学機械プロセス工学研究室 教授 瀧健太郎